MENU

バルクオム(BULK HOMME)を手にした同年代がモテ始めている・・・

バルクオム(BULK HOMME)メンズコスメ
<p>皮膚 肌 効果 皮脂 男性 洗顔 スキンケア リンゴ 水分 乳液 保湿 幹細胞 化粧 水 エキス 毛穴 細胞 メンズコスメ<br />皮膚 肌 効果 皮脂 男性 洗顔 スキンケア リンゴ 水分 乳液 保湿 幹細胞 化粧 水 エキス 毛穴 細胞 メンズコスメ<br />皮膚 肌 効果 皮脂 男性 洗顔 スキンケア リンゴ 水分 乳液 保湿 幹細胞 化粧 水 エキス 毛穴 細胞 メンズコスメ<br />皮膚 肌 効果 皮脂 男性 洗顔 スキンケア リンゴ 水分 乳液 保湿 幹細胞 化粧 水 エキス 毛穴 細胞 メンズコスメ<br />皮膚 肌 効果 皮脂 男性 洗顔 スキンケア リンゴ 水分 乳液 保湿 幹細胞 化粧 水 エキス 毛穴 細胞 メンズコスメ<br />皮膚 肌 効果 皮脂 男性 洗顔 スキンケア リンゴ 水分 乳液 保湿 幹細胞 化粧 水 エキス 毛穴 細胞 メンズコスメ<br />皮膚 肌 効果 皮脂 男性 洗顔 スキンケア リンゴ 水分 乳液 保湿 幹細胞 化粧 水 エキス 毛穴 細胞 メンズコスメ<br />皮膚 肌 効果 皮脂 男性 洗顔 スキンケア リンゴ 水分 乳液 保湿 幹細胞 化粧 水 エキス 毛穴 細胞 メンズコスメ<br />皮膚 肌 効果 皮脂 男性 洗顔 スキンケア リンゴ 水分 乳液 保湿 幹細胞 化粧 水 エキス 毛穴 細胞 メンズコスメ<br />皮膚 肌 効果 皮脂 男性 洗顔 スキンケア リンゴ 水分 乳液 保湿 幹細胞 化粧 水 エキス 毛穴 細胞 メンズコスメ<br />皮膚 肌 効果 皮脂 男性 洗顔 スキンケア リンゴ 水分 乳液 保湿 幹細胞 化粧 水 エキス 毛穴 細胞 メンズコスメ<br />皮膚 肌 効果 皮脂 男性 洗顔 スキンケア リンゴ 水分 乳液 保湿 幹細胞 化粧 水 エキス 毛穴 細胞 メンズコスメ<br />皮膚 肌 効果 皮脂 男性 洗顔 スキンケア リンゴ 水分 乳液 保湿 幹細胞 化粧 水 エキス 毛穴 細胞 メンズコスメ<br />皮膚 肌 効果 皮脂 男性 洗顔 スキンケア リンゴ 水分 乳液 保湿 幹細胞 化粧 水 エキス 毛穴 細胞 メンズコスメ<br />皮膚 肌 効果 皮脂 男性 洗顔 スキンケア リンゴ 水分 乳液 保湿 幹細胞 化粧 水 エキス 毛穴 細胞 メンズコスメ

バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME
<p>バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME<br />バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME<br />バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME<br />バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME<br />バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME<br />バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME<br />バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME<br />バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME<br />バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME<br />バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME<br />バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME<br />バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME<br />バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME<br />バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME<br />バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME<br />バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME</p>
<p>バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME<br />バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME<br />バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME<br />バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME<br />バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME<br />バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME<br />バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME<br />バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME<br />バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME<br />バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME<br />バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME<br />バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME<br />バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME<br />バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME<br />バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME<br />バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME</p>
<p>バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME<br />バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME<br />バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME<br />バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME<br />バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME<br />バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME<br />バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME<br />バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME<br />バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME<br />バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME<br />バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME<br />バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME<br />バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME<br />バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME<br />バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME<br />バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME</p>
<p>バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME<br />バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME<br />バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME<br />バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME<br />バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME バルクオム BULK HOMME

 

メディアやSNSで話題になっているバルクオム(BULK HOMME)。
このメンズスキンケアを手にした同年代がモテ始めているのを知っていますか?

 

 

バルクオム(BULK HOMME)

 

男性用のスキンケアがこんなに注目されるなんて、一昔前には考えられませんでしたけど、イマドキの男性はしっかりと肌の手入れをしているんですね。
もちろん洗顔をしっかりとしている男性は多いでしょうけど、女性のように肌のことを考えているなんてちょっとビックリでした。

 

それほど肌の手入れを考えていなかった僕が、バルクオム(BULK HOMME)に注目し始めたのには理由があります。
それは・・・バルクオム(BULK HOMME)を手にした同年代の友達ががモテ始めているという事実です。

 

もうちょっと若い頃は、合コンをしてもそれなりにモテていた自覚がありました。
でも30歳を越えたあたりから、女性の反応が鈍くなってきたという感覚になったのです。
同年代ばかりのメンバーの場合は、全員撃沈なんてことも出てきました。
若い後輩を連れていけば、中心になってモテているのは後輩達で、すっかり蚊帳の外状態・・・

 

バルクオム(BULK HOMME)

 

改めて自分のことを振り返ってみれば、確かに衰えを感じずにはいられません。
肌荒れ、乾燥肌、ベタつき、そして一番に衰えを感じるのは目元なんです。
疲れが目元に思いっきり出てきているわけです。
目元のシワやクマを見ると、老けてきたなぁ・・・、疲れているなぁ・・・という感じしかありませんでした。
これは本気で彼女を早く作らないと、結婚できないかもしれないと本気で焦り始めました。

 

たぶんこの頃に同年代の友達も同じようなことを感じていたんだと思います。
でも彼らと僕では大きな違いがありました。
彼らはスキンケアを始めたのです。
自分の衰えを認識したのは同じでも、いち早くスキンケアを開始した彼らと、アタフタするばかりの僕では大きな違いが出るのは不思議なことではありませんでした。

 

自分的にもかなり気合を入れて合コンをし始めたわけですが、今までと変わらず成果がありません。
でも同年代の友達達がモテ始めたんです。
あれっ?アレレ?何だぁ・・・
なんか自分だけ取り残された感じがしたのです。

メディアやSNSで話題のバルクオム(BULK HOMME)を使い始めていた彼等

『ちょっとどうなってんの?何で俺だけ・・・』と焦りを抑えきれずに彼らに聞いてみたんです。
そうしたら、自分の衰えを感じてから情報を集めて、メディアやSNSで話題のバルクオム(BULK HOMME)を使い始めたとのこと。
本気度の違いが出ていたんですね。

 

バルクオム(BULK HOMME)

 

『お前さぁ、目元の疲れ具合ハンパないでしょ!何もケアしていないから・・・』
『しかも肌ベタついてるし、荒れてるし・・・』
『そうだよ。男の肌の方が水分量が少ないから、皮脂がたくさん分泌されるからベタつくんだよ。女の乾燥肌よりヒドイのが男の肌なんだよ。』
『だまされたと思ってバルクオム(BULK HOMME)使ってみなよ!』

 

友達達から掛けられた言葉に、
『うん。やってみるよ。』
としか言い返せませんでした。

 

早速家に帰ると、バルクオム(BULK HOMME)のサイトをチェック。
確かに書いてありました、乾燥しやすくベタつきやすいのは男の肌なのだと。
それに脂の多い外食、ストレス、不規則な生活、年齢的な変化・・・
思い当たる文字が並びます。

 

男の肌を考え、男の肌のために生まれたメンズスキンケアがバルクオム(BULK HOMME)でした。

バルクオム(BULK HOMME)の特徴は・・・

彼らもネットであれこれ情報を探してバルクオム(BULK HOMME)にたどり着いたわけですけど、メディアやSNSで話題になっているのには、理由がありました。
高機能なのに低価格であることです。

 

バルクオム(BULK HOMME)の最大の特徴は、リンゴ幹細胞エキス(リンゴ果実培養細胞エキス)を配合していることです。

 

バルクオム(BULK HOMME)

 

収穫後4ヶ月経っても腐らないことでメディアで話題となった、スイスの希少なリンゴ「ウトビラー・スパトラウバー」の奇跡的な生命力が幹細胞に由来していることが判明。
そしてバルクオム(BULK HOMME)は、このリンゴの培養した幹細胞から得られたエキスを配合して作られたスキンケアなんです。
驚くべき保水力が、乾燥しやすい男の肌の潤いをしっかりと守ってくれるんですね。

 

この幹細胞エキスは非常に貴重な成分なので、幹細胞コスメに分類される商品は多くが高額となっています。
でもバルクオム(BULK HOMME)は、スキンケアは継続することが大事だとの考えて、コストを徹底的にカットすることで低価格な「幹細胞コスメ」が実現したのです。

 

それに加えて、肌の調子を整える自然由来成分の加水分解シルク、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、クレイミネラルズ、チャ歯エキスを原材料コストの上限を設定せず、潤沢な成分を豊富に使用し、男性の肌にとって理想的な製品を作りました。

 

加水分解シルク
高い浸透性で肌の奥まで潤いを与えて、肌表面に被膜を作り水分の蒸発を防いで、乾きやすい男の肌を潤わせてくれます。
セイヨウシロヤナギ樹皮エキス
肌のキメを整えて、滑らかさな肌へと整えてくれます。
クレイミネラルズ
微細な粒子が毛穴に入り込んで、高い吸着力でベタつきの原因の不要な皮脂を取り去ります。
チャ歯エキス
日々の多忙な生活で損なわれがちな肌の清潔感を保ってくれます。

 

バルクオム(BULK HOMME)の口コミ

 

2015/10/13 21:51:37
主人用に買っていたのを忘れていて今さら使い始めました。

 

メンズコスメってことなので洗い上がりは結構さっぱりとしています。
一見、フォームのようにみえるのですがかなりしっかりとしたテクスチャの生石鹸タイプです。

 

手でも泡立ちますがネットを使った方がキメが細かく、弾力のある泡が作れます。
クレイ配合なのでお顔の余計な油分はしっかりと流してくれるのに洗い上がりはつっぱることもなくとても気持ちがよいですね。

 

メンズ用ですが、女性が使っても気持ちが良いと思えます。
ただ女性で乾燥肌さんの場合、真冬に使うにはちょっとさっぱりしすぎるかなって感じはします。

 

とはいえ、パートナーと一緒に使ってもOKな洗い上がり。
余計な装飾のないパッケージも好きです☆
(39歳乾燥肌)
引用:@cosme > BULK HOMME > The Face Wash > 口コミ


 

 

2013/9/8 23:09:53
夫にプレゼントしましたが、
メンズ雑誌などメディアにも取り上げられていて今話題のスキンケアブランドのようなので興味津々で私も使ってみました☆

 

「メンズ向けの洗顔料」というとそれだけで、かなり脱脂力が高そうなイメージですが、、、
こちらはいわゆる“生せっけん”!!
固めのテクスチャの洗顔料を泡立てていくとモコモコの潤い感のある泡ができます。

 

そして、洗い上がりは意外としっとり〜。
クレイが配合されていて、汚れはきちんと落としてくれるのにキュキュッとなりすぎないソフトな感触で、保湿成分が肌に必要な潤いはきちんと残してくれます。

 

この上質な使い心地は、男性だけでなく女性でもきっと気に入るはず!
パートナーとシェアして使うのもいいかもですね^^
(36歳乾燥肌)
引用:@cosme > BULK HOMME > The Face Wash > 口コミ


 

 

2013/9/8 00:43:32
なんと生せっけん!!
女子だって使いたいくらいなテクスチャーです!!

 

実際、主人と息子用にと購入しましたが、私もたまに使ってます(笑)
大変心地よいフローラルフルーティの香りは使うたびに癒されます!!

 

泡だてネット無しでもきめ細かくなめらかに泡立ち
洗顔中は肌当たりも大変マイルド
洗い上がりは根こそぎこそげ落とした程の角質はがれ感触ではないですが(わりとその位が好きですがwww)

 

優しくうるおいを守りながらスッキリと、肌をリセットしてくれる感覚

 

ひげそりやシェーバーでダメージを受けているメンズ肌にも優しい!

 

我が家の 中、高生の息子も主人も気に入って使っております!
(43歳乾燥肌)
引用:@cosme > BULK HOMME > The Face Wash > 口コミ


 

 

2013/9/8 23:25:21
夫にプレゼントしましたが、
メンズ雑誌などメディアにも取り上げられていて今話題のスキンケアブランドのようなので興味津々で私も使ってみました☆

 

いわゆる乳液!
メンズコスメラインの中で乳液をきちんと用意しているのは稀だと思うんだけどすごくこだわっているな〜、と感じたのが、その使い心地。

 

ゆるめの乳液が肌に塗るとサッと浸透し、潤いをしっかりと肌内部こちらもリンゴ果実培養エキスや、「復活の木」と呼ばれる木からエキスを抽出したミロタムヌスなどたっぷりの美容成分を配合。

 

ただの潤いだけでなく、それを長時間キープする力を育てる高いケア効果があります。
男性はもちろんスキンケアのベタつきが苦手な女性にもおすすめできる美容乳液です!
(36歳乾燥肌)
引用:@cosme > BULK HOMME > The Face Wash > 口コミ


 

 

2013/9/8 01:01:32
私もこれ!好きです!!
使用感が大変好み!!
べたつかずに、きちんとうるおうローションと言う名の乳液です!

 

BULK HOMME(バルク オム)は
「本来の再生力に働きかけ、肌ダメージをやわらげる」機能性と
「つけたことを忘れるほど自然な使用感」を重視している為
その使用後の肌表面のべた付きストレスのない状態が素晴らしい!

 

女性の場合は、乾燥した肌に、しっとり感を与えるアイテムを塗るととっても安心感と、肌状態の落ち着きを感じますが、男性の場合は、べたつき感そのものが、不快に感じる方が多い様子!

 

私自身も、どちらかと言うと、べたつきの強い使用感が好みでは無い為!
使用してみたら、とっても心地よくてついつい!一緒に使いたくなるテクスチャー

 

主人も息子達も全員乾燥肌の為、使い始めてから、肌状態も良いと思います!

 

伸びが良く、優しくしっかりと保湿を感じつつ「使用後のべたつき・重さ」を極力抑えた仕上がりが驚き!!
結果的に満足感のある保湿力とピチピチっと、肌が蘇るような使用感
しかも、うるおい感がずっと続き、肌ツヤとして保護している感覚がその後、何も付けない男性には、美肌効果を与える気がします!!

 

ツヤのある男の肌をキープ出来る使用感が良いですね
(43歳乾燥肌)
引用:@cosme > BULK HOMME > The Face Wash > 口コミ


バルクオム(BULK HOMME)を使って1カ月後の結果・・・

バルクオム(BULK HOMME)を使い、正しい洗顔方法で洗顔をして、肌の機能を正常に保つため化粧水で整えます。
化粧水で保湿をしたら、保湿状態を維持して皮膚から水分が蒸発するのを防ぐために乳液を使用します。
乳液は両手で温めながら馴染ませて、内側から外側へ、伸ばすように優しく伸ばします。
ほうれい線、くまやたるみのできやすい目の下、垂れ下がりやすい目じりを下から上へすくい上げるように伸ばしていきます。

 

バルクオム(BULK HOMME)

 

初めての本格的なメンズスキンケア商品を使って、1カ月が経ちました。
バルクオム(BULK HOMME)の感想は、ベタつかずにしっかりと保湿ができるということです。
乾燥肌なのでベタつきがあるので、乳液が本当に必要なのかと思いましたけど、実際に使ってみるとベタつかないで保湿が出来ているのを実感することができました。
肌の保湿がしっかりできているせいか、肌が張った感じで、その状態が長く続きました。

 

とは言え、サイトにもあるように、男の肌への負担は毎日繰り返されます。
肌の調子が整ってきたから終わりではなく、毎日の習慣にすることが大事だと思います。
一番の衰えを実感していた目の周りの疲れやヤツレが戻らないように、今後の継続していくつもりです。

 

この調子なら、合コンもそろそろ再開してもいいかもしれません。
毎日5分程度のスキンケアだけで、今の調子が続くのなら・・・

 

話題のメンズスキンケア使ってみた!

 

『最近冬になってけっこう肌が乾燥してきたんですよ。』
『乾燥している感じは見て良く分かるよ。』
『けど毎冬、毎年冬に乾燥はするんだけど、何をしていいのか分からないっていうか・・・
普段から何もしないので。
肌ケアは何をしていますかって聞かれることがあるけど、これといったケアはしたことがないのね。
アラサーなんで、これからは肌の手入れとかに気を使う必要があるんじゃないかって・・・』
『それは正しいと思います。』

 

『今日は巷で有名になっている、メディアやSNSで話題になっている商品(バルクオムBULK HOMME)を実際に使ってみたいと思います。
今日使う商品が【バルクオムBULK HOMME】です。
これは3ステップあって、さらに泡立てネットが付いて、これがコンプリートセットになっています。』
『最初が洗顔で、その次化粧水、次が乳液の3ステップになっていますね。』
『じゃあ実際に使ってみようと思います。』

 

『まずは洗顔からやっていきます。』
『この洗顔も品質にこだわりがあって、女性よりも男性は水分量や皮脂量が多いらしいので、そんな男性の肌に合うようになっているみたいですね。
不要な皮脂や汚れを落としながら肌のバリア機能を守る為、皮膚に潤いと柔軟性を与える生石鹸を採用しているとのこと。
なめらかで濃厚な泡の洗顔料のようです。』
『さっそく泡立ててみます。』
『まずはネットを水で濡らします。
そこに2〜3センチくらい洗顔料を出します。
出口が大きいので一気に出てくるかも・・・
そうしたらネットを擦って泡立てます。
男性は泡立てネットは馴染みがないよね。』
『そうだね。あまり使わないよね。』
『もっとゴシゴシやっちゃって。
ネットをつかんでゴシゴシ、足りなければ水を足してゴシゴシ。』
『オゥ!泡立ちがスゴイ!』
『ネットに絡んでいる泡を絞りとってください。
それを手のひらで広げて。

スゴイ濃密な泡の出来上がりですね。
手のひらに広げて、顔に柔らかくまんべんなく塗っていってください。』
『スゴイ柔らかいよ・・・』
『あんまりゴシゴシと擦らずに、やわらかく馴染ませてくださいね。
生石けんって私もあまり使ったことがないけど、こんな感じなんだね。』
『泡立つから全体的に広がるよね。』
『この泡が皮脂や汚れを吸着してくれるわけですね。』
『では洗い落としてください。』

 

『洗顔を終えた感じはどうでしょう?』
『すごくサッパリしました。
でも保湿力があるのか、しっとりしています。
触った感じが違いますね。
さっきの泡たちが仕事をしてくれたんですね。』

 

『それでは化粧水をしていきましょう。
やっぱり水分が不足しがちだし、低刺激の化粧水になってるようですよ。』
『手のひらに500円玉程度出します。』
『水分を浸透させるのが目的ですからね。
もっちりするまでしみこませてください。』

 

『じゃあ仕上げに乳液ですね。』
『今度は10円玉程度出します。』
『手のひらに伸ばして、さっきの要領で塗りましょう。』
『匂いはそんなに強い香りではないですね。
着けていても気にならないです。』
『しっとりしましたね。』
『でも気になるベタツキはないですね。』
『乳液はけっこうベタツキが気になることもあるので。
特に男性は普段化粧しませんから、肌がベタっとしていると気に入らないと思いますね。』

 

『今日試したバルクオムBULK HOMMEの洗顔、化粧水、乳液は女性のモデルでも使っているようですよ。』
『サッパリしたものが好きな人にはいいかもしれないですね。
潤いも同時に手に入りますからね。
これはいくらくらいなんですか?』

 

『バルクオムBULK HOMMEのスターターキットはワンコイン500円で始められます。
12月にはボディソープも発売したみたいで、それも買ってみようかな・・・』
『メンズ専用、レディース専用じゃないから、2人で使えるのもいいよね。
カップルにはオススメかも・・・
500円なら軽い気持ちで始められるしね。』

 

『しっかり泡立つし、これならバルクオムBULK HOMME毎日続けられそうです。
乾燥が気になるしね。』
『今日はバルクオムBULK HOMMEをお試ししてみました。』

 

 

BULK HOMMEインタビュー平澤 慎也 (iNDIGO BLUE Producer and Performer)

 

 

iNDIGO BLUE Producer and Performerをしている平澤 慎也です。
歌って踊ってウォーターパフォーマンスをする。
それをライブで皆さんにお届けしています。

 

 

これまでのスキンケア経験は?

 

バルクオムBULK HOMMEを使うまでは、お風呂に入ってフェイスウォッシュで顔を洗って。
出てきて化粧水がある時には化粧水をつけ、ない時はそのまま・・・
プレゼントで頂くことがあったので、頂いたものは使っていたけど、自分で買ってまではしていなかった。
定期的に使っているスキンケアは、バルクオムBULK HOMMEが初めてですね。

 

バルクオムBULK HOMMEを使ってみての感想

 

フェイスウォッシュは洗っているときに気持ちいいです。
泡を立てて使うようになってからが良くて、泡立てると泡の山ができるので、それを塗っている時の感覚が気持ち良いです。
リラックスするために洗っているかも・・・

 

化粧水も乳液も、パフォーマンスに出る前にも使っていて、バルクオムBULK HOMMEを使っているとほぐれて顔の表情が作りやすくなります。
顔がポカポカします。

 

 

バルクオムBULK HOMMEを使ってからの変化は?

 

バルクオムBULK HOMMEを使っていて、ほっぺたを触ってほしくなった。
ライブが終わった後にお客さんと話したりするけど、触らせてくださいって言われたら、ほっぺたねって触らせています。

 

 

 

今、口コミでも評判のバルクオムは、2013年に発売されてから多くの男性に愛用されているスキンケアアイテムです。シンプルラグジュアリーがコンセプトになっていますが、様々なスキンケアアイテムをライン使いできるのも嬉しい点です。洗顔料をはじめ化粧水や乳液、日焼け止めなど美意識の高い男性にうってつけのスキンケアアイテムが勢揃いしています。

 

普段のスキンケアは、手間や時間をかけずに実践したいと思っている男性も多いことでしょう。面倒なスキンケアが苦手という男性が大半ですが、バルクオムはたった3種類のシンプルなスキンケア法で美肌を手に入れることも可能なのでストレスがありません。口コミでも人気のバルクオムは、リンゴ幹細胞エキスが配合されているのも人気の秘密です。

 

リンゴ幹細胞エキスは、収穫後4ヶ月経っても腐らないことでもメディアで話題になりました。リンゴ幹細胞エキスが配合されていることで、保湿力を実感することができ乾燥肌を改善することも実現します。肌の悩みは女性特有のものと思っている方も少なくありませんが、男性は水分と皮脂のバランスが悪いことから様々な肌トラブルに悩まされてしまうことも少なくありません。カミソリ負けや乾燥肌の悩みだけでなく、ベタつきや目元のシワなどに悩んでいる男性も多いことでしょう。水分や皮脂のバランスが悪いことも様々な肌トラブルの原因となっていますが、さらにストレスや紫外線、乾燥や生活習慣の乱れなどによって、より肌の悩みを悪化させてしまうこともあります。

 

一度肌トラブルに見舞われてしまうとなかなか思うように改善することは困難ですが、バルクオムなら短期間で肌の悩みを解消してくれることでしょう。このメンズスキンケアアイテムには、リンゴ幹細胞エキスだけでなく肌の調子を整える自然由来成分も配合されています。美容効果を実感できる加水分解シルクやセイヨウシロヤナギ樹皮エキス、さらにクレイミネラルズやチャ葉エキスなどが高配合されていることから肌の乾燥を防ぎ引き締め効果を実感したり、肌の清潔感をキープしてくれます。

 

また、使用感が良いのも嬉しい点です。男性の多くは、面倒なスキンケアを行なうことが苦手なだけでなく、ベタつきを感じてしまうなどの使用感の悪さはストレスになってしまいます。しかし、バルクオムは、何もつけていないかのようなサッパリとした使用感となっているので、ストレスを感じずに安心して使用することができるでしょう。

ウトビラー・スパトラウバーの効果

ウトビラー・スパトラウバーは、4ヶ月腐らないリンゴの幹細胞エキスのことです。老化防止効果や保水力が高いことから、口コミでも大きな話題を集めています。高い美容効果を実感できるウトビラー・スパトラウバー配合のスキンケアアイテムの評判も良く、カミソリ負けで悩んでいる方や乾燥肌の方、さらに顔のベタつきを改善したい方や目元の老化を改善したい方にもおすすめです。

 

現在、美容に大きな関心があるのは、女性だけではありません。男性の多くにも美意識の高い方が多くおり、丁寧なスキンケアを実践している方もいることでしょう。男性の肌は、女性のように丁寧なスキンケアを毎日行わなくてもいいのではないかと思われる方が大半ですが、男性の肌は水分と皮脂のバランスが悪いため、丁寧なスキンケアを行なわなければ乾燥に悩まされてしまうので要注意です。

 

様々な男性の肌トラブルを効率よく改善してくれるのも今話題の成分であるウトビラー・スパトラウバーが配合されているスキンケアアイテムです。ウトビラー・スパトラウバーが配合されているスキンケアアイテムを使用して丁寧なお手入れを行なうことで、乾燥を改善し美しい肌を手に入れることも夢ではありません。男性の肌は、女性よりも水分量が少なく皮脂が多めに分泌されやすいことから、ウトビラー・スパトラウバーが配合された男性用のスキンケアアイテムでお手入れを行ないましょう。メディアやSNSでも話題を集めているメンズスキンケアアイテムは、今話題のリンゴ幹細胞エキスが高配合されているのも人気の理由です。

 

リンゴ幹細胞エキスが高配合されていることで、肌に潤いを与え乾燥肌を早期に改善することができます。また、乾燥肌を改善できるだけでなく、しわ改善にも高い効果を発揮します。リンゴ幹細胞エキスは、ヒト皮膚幹細胞の働きを高めることができ、表情ジワを改善できることが認められています。さらに、リンゴ幹細胞エキスには、皮膚細胞の寿命を延ばす成分が含まれており、若々しい肌を取り戻す効果を期待することもできるでしょう。

 

高い美容効果をきちんと実感したいのであれば、スキンケアアイテムを選ぶ際に配合されている成分を確認することが重要です。リンゴ幹細胞エキスは、表皮に働きかけることができますが、真皮幹細胞に働きかける成分が同時に配合されているスキンケアアイテムを選ぶと、より早く若々しい美肌を手に入れることが可能になります。

メンズスキンケアが必要な理由とメンズスキンケア製品の選び方

スキンケアというと女性だけのものであるという固定概念を持っていませんか?確かに一般的なスキンケア製品は女性をターゲットにしたものが多いのが実情ですが、男性のスキンケアについても年々注目度が高まり、メンズスキンケア製品のラインアップが増えてきています。一方で現状は特別なスキンケアは必要ではないという認識を持っている男性が大多数を占めているかもしれませんが、男性にとってもスキンケアは非常に大切です。

 

私たちのお肌は日々紫外線にさらされています。それは女性であっても男性であっても同じです。紫外線が気になる春から夏場にかけて、女性はこぞって紫外線ケアに力を入れ始めますが、男性はというと逆に意識して日焼けをする方もいます。確かに、小麦色に日焼けした男性のお肌は男らしく、女性から格好良いと思われるポイントでもありますが、日焼けはお肌へのダメージが大きく、お肌の老化や劣化を招く原因となります。

 

さらに、長年強い紫外線を浴び続けることで皮膚ガンのリスクも高まります。そのため男性も女性と同じように適切な紫外線対策とスキンケアが必要となる理由がここにあります。まず、紫外線対策についてですが、長時間日差しの強い屋外にいる予定がある時は、日焼け止めの使用をおすすめします。また日々のスキンケアとして、洗顔、保湿を取り入れましょう。

 

女性はメイクをする人が多いため、スキンケアにクレンジングを加えたり、より高い美容効果を求めて美容液を使用する人がいますが、男性の場合は肌の汚れをしっかり落とすこと、そして乾燥を防ぐためにしっかり保湿をしてお肌にフタをするというシンプルなケアで十分です。洗顔は汚れをしっかり落とそうとして洗浄力の高いものを選びがちですが、あまりにも洗浄力が強いと必要な皮脂まで洗い落としてしまい、逆にお肌の乾燥を進めてしまうことがあります。

 

洗顔料を選ぶ時はできるだけお肌に優しい成分が使われているものを選ぶようにしましょう。洗顔をする時は洗顔料をしっかり泡立て、泡を使い優しくお肌を洗いましょう。間違ってもここでゴシゴシ洗ってはいけません。ぬるま湯でしっかり洗顔料を落としたら、すぐにたっぷりの化粧水で水分補給をします。最後に乳液でお肌にフタをして水分の蒸発を防ぎましょう。とてもシンプルなケアですが、しっかりと汚れを落とし保湿をすることで、お肌のコンディションが改善されます。男性のお肌は日々の髭剃りや日焼けで摩擦やダメージを受けやすく、お肌が乾燥してしまっていることがよくあります。基本的なスキンケアを取り入れて、シミやシワの少ない美肌男子になりましょう。

 

男性は女性に比べるとスキンケアに時間をかけたくないという人が多いと思います。面倒臭がりの人が多いでしょうし、仮に手間隙をかけることが苦にならない人であっても、家族や恋人の前で長い時間鏡の前で肌を整えるのは恥ずかしい、との思いもあるでしょう。朝は髭も剃らなくてはいけませんから、時間もかけられません。特に肌トラブルがなければ、洗顔後は化粧水で水分を補給するだけでも良いかもしれません。しかし、乾燥から肌トラブルに発展しているような人は、しっかりと乳液で保湿する必要がありますし、場合によっては美容液も使った方が良いでしょう。

 

メンズスキンケアは、毎日続けてこそ効果があります。思い付いたように週末だけとか、週に2日だけ、というような中途半端はいけません。毎日続けるためには、毎日続けやすい製品を選ぶことが大切です。続けやすい製品とは、使いやすく経済的にも負担にならないものです。1本1万円もする美容液は、欠かさず購入することが難しい場合もあります。一通りの手入れをするのに10分以上もかかるものは、忙しい人には不向きです。このような点を踏まえた選び方をするなら、簡単に使えて手頃なものが良いでしょう。肌に合わないものはいけませんが、安いものが必ずしも悪いわけではありません。最近は、手間がかからないオールインワンタイプが女性にも人気です。化粧水、乳液、美容液などが1つになった手軽な製品です。洗顔後、塗るのはたったひとつですから、1分もあれば完了します。ただし、オールインワンタイプは、寝る前にも使えるよう、UV成分は含まれていません。紫外線対策は別途必要です。

 

そして、どのようなケアに力を入れたメンズスキンケア製品であるかにも注目するようにしましょう。男性の肌の悩みにもいろいろな種類があります。乾燥に悩んでいる人もいれば、シミやシワが気になる人もいるでしょう。シミやシワには美白タイプを、乾燥にはヒアルロン酸などの保水成分が入ったものを選びましょう。テカりや吹き出物は、脂性が原因だと思っている人が多いですが、実は乾燥によることがほとんどです。乾燥を防ぐために皮脂の分泌が過剰になっているケースです。テカりが気になる人ほど、保湿成分がたっぷりと入ったものを選ぶ必要があります。

 

最後は、肌への刺激を考えた選び方です。スキンケアで余計に肌トラブルを起こしては意味がありませんので、添加物の少ない、肌への負担が少ないものを選ぶようにしましょう。